よくある質問

旅の計画はしっかりと立てよう!

アクセス

東京からの直行便は、ガルーダ航空が毎週木曜日に就航しています。東京への復路便も木曜日です。

ビザ・オン・アライバルには、本稿執筆時点でほとんどの国で35米ドルの現金が必要です。旅行代理店または政府に確認してください。

3種混合ワクチン接種のお客様には、PCR、抗原検査、検疫は不要になりました。

空港からリゾートまではシャトルサービスで30分。マナドとレンベの間は、新しい有料道路で1時間以内です。

各リゾートで

Visa/Mastercard、またはインドネシア・ルピア、ユーロ、米ドルの現金がご利用いただけます。

通常、滞在中に現金は必要ありません。ご希望があれば、お小遣いをお渡しすることもできます。

両リゾートとも無料WiFiが利用可能です。

インドネシアは220ボルトでヨーロッパのタイプC/Fソケット(2つのプロング)を使用しているので、ヨーロッパから来た人は旅行用アダプターは必要ないだろう。

私たちは、あなたがダイビングに行けるように、喜んでお子さんをお預かりします。

チップはいつでも歓迎しますが、スタッフ個人へのチップはご遠慮ください。

ご出発前に、オフィススタッフにチップをお預けください。このチップはチーム全員に分配されます。

フード&ドリンク

ご到着前にお知らせいただければ、厨房が必要な予防措置をとらせていただきます。

もちろん可能です!ご希望があれば、ご到着前にお知らせください。

客室とリゾートロビーに飲料水をご用意しております。水道水は飲用には適しませんが、シャワーや歯磨きなどには全く問題ありません。

飲み物に使う氷は飲料水から作られているので、安全性も高い。

インドネシア料理はおいしいだけでなく、スパイシーでもあります。当店の厨房は西洋人の味覚に合うような味付けになっていますが、ご希望があれば、いつでも辛さを追加することができます!

ほとんどの場合はそうだ。ほとんどの屋台料理は調理されているか揚げられている。お客がたくさんいる店はいいサインだ。

北スラウェシ

8+ Greenwhich 平均時(アジア-マカッサル時間)。

北スラウェシの気温は年間を通して熱帯の30℃台だ。

11月から4月、5月にかけて雨が多く降ることがある。5月からは降雨量が少なくなる。

この地域ではマラリアはほとんど発生しないので、マラリア薬を持参する必要はない。

サンゴ礁に安全な日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、できるだけ日陰で過ごす。

インドネシア語は世界共通語なので広く通じるが、北スラウェシではほとんどの人がマナドネ語を話す。空港やリゾート以外では英語は通じません。

宗教は日常生活の重要な一部である。北スラウェシの約60%は主にキリスト教徒である。

北スラウェシは保守的なので、お客様には常識的で実用的な服装をお勧めします。一般的には、半袖を着用することが期待されています。

その通りです!ここの人々(マナド市だけでなくリゾート地でも)は信じられないほど歓迎され、温かいと感じるでしょう。盗難やその他の犯罪を心配する必要はありません。

私たちはここに住むことができて、とても恵まれている。

私たちと一緒にダイビングを

レンタル器材完備のダイビングセンターです。事前に必要なもの、サイズをお知らせください。

そう、足も背中も喜ぶだろう。

ブナケンとマナドでは、海水は28℃前後です。レンベでは通常もう少し冷たく、26ºC(78.8ºF)から28ºC(82.4ºF)です。ほとんどの人は3mmのウェットスーツで十分です。

ほとんどのダイバーは3mmのウェットスーツで十分だ。

サンゴや他の生物を誤ってつかんでしまわないよう、手袋は着用しないことをお勧めします。

通常、ガイド1人につき4人のダイバーがつきます。

はい、ナイトロックスは両リゾートでご利用いただけます。

DINバルブまたはヨークバルブ(インターナショナルバルブ)付きの12リットルアルミタンクをご用意しています。

15リットルのタンクもあるが、数に限りがあるので、事前に問い合わせを。

マナドでは、大きなダイビングボートには船内にトイレがあります。レンベではすべてのダイビングスポットが近くにあるので、リゾートに戻るまで長く待つ必要はありません。

Let's plan your next trip

Send us an email — we’d love to hear your vacation plans.

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. If you continue to use this site we will assume that you are happy with it.