Our organic veggie garden at Manado

タラサについて

インドネシア、特に北スラウェシのような地域で持続可能なダイビングを実践することは、それなりの責任が伴います。 そのため、タラサではただリゾートだけでなく他のことも行なっています。 タラサは現地の人にも恩返しができるように努力しています。 PADI AWARE のリゾートとして、タラサでは環境に対して重点を置いています。現地に学校を建て、将来ダイブガイドになる子供たちもこの学校で教育しています。

PADI Course Director Simone Gerritsen

Simone Gerritsen

マネージングオーナー、PADIコースディレクター

こんにちは。私の名前はシモーヌです。

1978年に初めてダイビングをしました。すぐにダイビングの虜となってしまいました。 1987年にはタラサダイブショップをアムステルダムにオープンしました。 1996年に美しい北スラウェシにダイブセンターを開くチャンスが訪れ、迷いなくメナドに行きました。

2001年にタラサダイブセンターを開き、多くのダイバーを教えてきました。 その後、バラクーダという古くも美しいリゾートを見つけました。 私はなんとか土地所有者と契約を結ぶことができました。これがタラサ メナドが2013年に生まれた理由です。

人を大切にしたリゾート

タラサは人々に多くの価値を置いています。 これが、タラサが常に”恩返し”という考えに人を巻き込む新しい方法を探している理由です。 例えば、定期的にビーチ清掃、海洋レクチャーまたは単にお客様とダンスパーティを開いたりしています。

これらの経験は有意義で価値があり、自己実現を目標としています。 口で言うほど簡単ではありませんが、お客様が友人として帰ってこられる理由の1つに過ぎません。

Collage of different staff members

Vacation plans?

Share your ideas and we’ll get back to you as soon as we can.